業務委託を解説するサイト

業務委託についての便利なこと

業務委託先をどこで探すのか

高度なプログラミング技術や、グラフィックデザインの技術などを持っている人は、フリーランスとして企業と個人的に「業務委託」契約を結んで仕事をしていたりします。
彼らが仕事を探す場合、どういった方法を取っているのかについて、考えてみましょう。
昔から定番の方法は「業界内のつながり」で仕事を紹介してもらうというものですが、これは委託してもらうには、当然本人に「任せるに足る実績や実力」があることが前提であり、フリーランスの人は声が掛かったときにすぐにそれらを提示できるような成果物の資料などを用意しています。
それ以外には、SNSや業務委託専門のエージェントを活用する方法もあり、アクティブな人は自分で企業に営業活動を行ったりもしています。

業務委託の管理が便利になるツールを紹介

業務委託を、特に複数の委託先に依頼している場合は、それぞれの委託業務の進捗管理や労働状況の管理、また、セキュリティ上の管理など、そうしたものを一元的に管理できるツールが欲しいところです。
現在は、そうした「業務委託総合管理ツール」を提供している会社も存在しています。
どういったことをしてくれるのかと言うと、発注、納品、請求の委託の流れを「委託先の数に関わらず」一元的に管理したり、フリーランスの発注先がそのツールにアクセスすれば請求書発行が簡単にできたり、それぞれの金額の総合的な計算、グラフ化などを自動で行ってくれたりします。
またそうしたツールの多くには「労働時間管理」が付いており、安心して業務委託をすることができるようになっています。
業務委託において何より避けたいのは請求書紛失や見積もり誤りによるトラブルや法律違反などですので、こうしたツールは委託元としては優先的に導入したいところです。